So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

チョコレートに心臓血管を強化する [その他]

チョコレート大好きなのでこういった記事は大変うれしいです♪

もともとチョコレートはその昔、薬として使用されていたということを聞き、ちょっとチョコレートの歴史を調べてみました。

紀元前2000年ごろから、中央アメリカ及びメキシコ南部ではカカオが栽培。15世紀までには、カカオはその土地では貨幣として流通したほど重要視された。当時の中央アメリカでは、カカオは粉にしてトウモロコシの粉や唐辛子などを入れ、水や湯に溶かして飲まれていた。主に嗜好品として、また、薬用、強壮目的で飲まれた。

16世紀 -(アメリカ大陸の発見)
クリストファー・コロンブスが中央アメリカ島部に到達すると、それを通じ、スペインにカカオがもたらされた。コロンブスの息子によれば、最初にチョコレート(カカオの実)を見たヨーロッパ人はコロンブスで、1502年のコロンブス最後の航海のときであった。ただし、飲んだという記述はない。ヨーロッパ人との接触当初、中央アメリカ人たちはココアのことをカカワトルと呼んだ。1579年までに、彼らは同じものをショコラテと呼ぶようになり、これがチョコレートの語源とされるが、何故カカワトルがショコラテになったのかは不明であり、従って語源も不明である。
苦い飲料だったチョコレートに砂糖を加える発明は、16世紀にメキシコに渡った宣教師によって考案された。

中世ヨーロッパ
16世紀に入り中央アメリカがスペインに征服されると、カカオが手に入りやすくなり、スペイン一般庶民もチョコレートドリンクを飲むようになった。
チョコレートは当初、ヨーロッパではスペインのみで普及した。しかし、フランスのルイ13世がスペイン王女アンヌ・ドートリッシュ(スペイン名アナ)と結婚したとき、チョコレートを好むアンヌが嫁入りのときも持参したので、フランスにチョコレートがもたらされることになった。次のルイ14世も1661年、チョコレート好きのスペイン王女マリー・テレーズ(マリア・テレサ)と結婚し、フランスでは上流階級からチョコレートが広まった。マリアはまた、チョコレート道具一式と、チョコレート専門のコック(後にいうショコラティエ)を連れて嫁入りした。イギリスでは1657年に、チョコレートショップと呼ばれるチョコレートを飲ませる店が開店した。

近代ヨーロッパ
1828年、オランダのバンホーテンがチョコレートを粉末にする特許を取得。これは同時に、カカオからカカオバターを効率的に取る方法でもあった。それまでのチョコレートは濃密で、水なしでは飲めないものだったが、これにより口当たりがよくなり普及が進んだ。
1847年、イギリスのフライ社が食べるチョコレートを発売。これが最初の固形チョコレートとされる。しかしこれはまだ苦いもので、万人に普及するにはもう少し工夫が必要であった。
1876年、スイスのロウソク職人ダニエル・ピーターがミルクチョコレート(スウィートチョコレートに粉乳を加えたもの)を発明した。
この後、ざらざらした食感をなめらかにする工夫がされ、現在の固形チョコレートの原型が作られた。

[編集] 日本での歴史
日本のチョコレートに関する記述は、18世紀の長崎の遊女がオランダ人から貰った物を記したリストの中に「しよくらあと」として登場するのが最初である。

戦前・戦中
日本のチョコレート製造は、1878年に「米津?月堂」が製造したのが最初である。ただしこれは、輸入した原料チョコレートを加工したものであった。米津?月堂は、新聞に掲載された日本初のチョコレートの広告には貯古齢糖と漢字を当てていた。カカオ豆からの一貫生産は、1918年、森永製菓によって開始された。
戦争の影響により、日本では1940年までにカカオの輸入は止まり、百合根(ユリの鱗茎)などの脂肪分を利用した代用チョコレートが考案された。
戦後・現在
1945年、日本が太平洋戦争に敗れると、アメリカの進駐軍を通じて大量のチョコレートが日本にもたらされた。"Give Me Chocolate!" は戦後の日本人がすぐに覚えた数少ない英語表現の1つである。
戦後の日本では、安価なものから高価なものまでさまざまなチョコレート菓子が販売されるようになった。1980年代から1990年代にかけてはトリュフなどの小粒な形状をした高級チョコレートが一般的に出回るようになった。2000年代に入るとさらに高級かつ洗練されたチョコレート菓子が流行した。
2004年頃には東京都内にヨーロッパ各国の高級チョコレート店が多数出店し、中には1粒400円から1000円という超高級チョコレートを取り扱う店も現れた。

参考 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

米国の地球温暖化めぐる「新たな枠組み」、専門家らは懐疑的

最近、沖縄の珊瑚とかどんどん死んでいってます。
お魚屋さんに効いても採れる魚の種類が変わってきているそうです。
このままだと環境悪化の一途をたどります。

黄砂や光化学スモッグの発現頻度が上がってきているのは、どう考えても中国の汚染排出ガスのせいですし、海岸に流れ着く漂流ゴミはハングル北京語も混じってます。

地球環境悪化防止は世界共通の問題のはずです。
日本も自国の規制だけでなく、積極的に先頭きって規制に懐疑的な米国、中国や韓国の責任を追及していくべきです。
なぜこんなに弱気なのでしょうか?情けないです。

関係悪化とかそんなこといってる場合じゃありません。地球環境に負荷をかけている事実は変わりませんから。

なつカフェブログ
http://ecopouch.jugem.jp/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モニター・リサーチ活用法 [節約]

モニターは楽しいです。
いろんなところにわがまま書いて謝礼金までもらえちゃうんですから!
最近はいろんなモニターサイト出来てますのであちこち登録してわがまましましょう!

なつカフェ モニター・リサーチ活用法
http://eco-pouch.net/moni.html


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

島バナナ♪~南国フルーツ~ [おでかけ]

バナナはバナナでも沖縄で売られている島バナナはちょっと小ぶりというか普通のバナナの半分ぐらいしかありません。

触感はもちもちしててクセがあり、かなりの甘さです♪。
普通のバナナよりも作るのが難しいそうでちょっと割高ですが、スイーツとかに使用するとかなり幅が広がりそうです♪

なつカフェブログ 島バナナ♪~南国フルーツ
http://ecopouch.jugem.jp/?eid=83


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ティラ・ミ・ス [レシピ]

・コメント
ティラ・ミ・ス (Tiramisu, Tiramisù) は、北イタリア生まれのチーズケーキの一種。 語源はイタリア語で「私を引き上げて」(Tira mi sù) 即ち「私を元気付けて!」 。

適度な大きさの型にエスプレッソをたっぷりと染み込ませたビスコッティ・サヴォイアルディ(biscotti savoiardi, サヴォイアのフィンガービスケット)を敷き詰め、その上からマルサラワイン・砂糖と共に、温めながらかき立てた卵黄「ザバイオーネ (Zabaglione)」と、熟成させていないクリームチーズ「マスカルポーネ」を合わせた「ザバイオーネ・クリーム」を流し入れ、同行程を2~3層繰り返し、型を埋め尽くし冷し固める。仕上げは表面にココアパウダー、時にエスプレッソの豆を挽いた粉をふりかけて風味付けます。

なつカフェレシピ
http://recipe.eco-pouch.net/?eid=78730


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鉄鋳物 ステーキ皿 2枚入(木製プレート付)

コレでお肉を焼くとジュージューと温かいままおいしく最後までいただけます♪見た目も匂いもたまりません!
ステーキ屋さんの感動が我が家にもやってきました♪

なつカフェショップチャンネル 鉄鋳物 ステーキ皿 2枚入(木製プレート付)

http://shop.eco-pouch.net/?eid=204394


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

くるくまカフェ2回目~アジアンハーブカレー~ [おでかけ]

(ひとこと) 
新メニューができたという話を聞き、出発♪
お気に入りのお店なので迷うことなく到着しました。
GW中とうことも考慮してお昼時を、少し時間をずらしていったのですが、甘かったです!
1時間半ほど待たされるハメに・・・。携帯で呼び出してくれるのであちこちであるけます。
近くに海を見渡せるお庭や、ガーデンニング、ちょっとした博物館ができており時間を有意義に過ごせました♪

なつおでかけカフェ くるくまカフェ2回目~アジアンハーブカレー~

http://weekendcafe.eco-pouch.net/?eid=514605


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

レアチーズケーキ [レシピ]

・コメント
チーズケーキ(cheese cake)は、チーズを使った洋菓子のひとつ。
大きく分けて、温製のベイクドと、冷製のレアに二分されます。

レア・チーズケーキは、火を通さず、クリームチーズなどに生クリームを混ぜ合わせたものをゼラチンで冷やし固めたものであり、クッキーを砕いて作ったクラスト生地を下に敷くこともある。

バニラ、チョコレートヨーグルトなど風味などさまざまな味付けがされることがあり、フルーツ、特にイチゴやブルーベリーのトッピングが乗ること
が多い。

レアチーズケーキは口どけを最大限に高めるためゼラチンを使わずレモンの酸によってチーズのタンパク質を凝固させる方法もある。この場合はレモンのさわやかな風味が加味されて風味が増す.

なつカフェレシピ レアチーズケーキ

http://recipe.eco-pouch.net/?eid=78691


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

車諸経費・燃費を見直す [節約]

車を買うのにお金かかるのは当然そうなのですが、実は維持費が相当かかります

ガソリン代、駐車場代、自動車保険、税金、メンテナンス代、高速代などなどあり、これらを節約しようというわけであります。

ではでは、わが家の車を例に、どのくらい維持費がかかっているか見てみましょう

なつカフェ 車諸経費・燃費を見直す
http://eco-pouch.net/car.html


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

食育・食材・健康食を考える [節約]

財布と相談しながらメニューや栄養バランスを考えるのは大変です
食費節約は、うまく使い切ることに尽きるとおもいます

なつカフェ 食育・食材・健康食を考える
http://eco-pouch.net/syoku.html


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。